やきとり「なかの」がたまらない!

名古屋市北区の名鉄瀬戸線森下駅そばにある、やきとり「なかの」。コロナ自粛で最近味わえなかった名古屋の下町情緒を、やきとり「なかの」のハイパーローカルな佇まい、人情、味で堪能!こんな時は普段よりも名古屋弁がよく出るもんだ!

*この記事の内容はあくまで個人の感想と思い出です。

とりあえず瓶ビールだに!


昔ながらの二の字カウンターに腰掛けて今夜はまず瓶ビールで乾杯。やっぱスタートはこれでしょ!

やきとり「なかの」のローカルルール。串焼きは一度に2皿(4本)までの注文!


焼き物はこの大きさで2本250円!味は折り紙付きだけど、タレの写真忘れたw。全部うまい!箸休めにトマトも食らう!

次は砂肝だに!

七味をかけたらまーあかん!どら美味い!

名店の証。

これを見つけるとどうしても反応してしまう!どことなく郷愁を感じるのだ!

色んなもくもく。

地元の常連さんが仕事帰りにフラリと立ち寄る憩いの場。串とビールとお隣さんたちと何気ない会話を楽しむ。
炭火のもくもく、タバコのもくもく、人生のいろいろがたまらない。

これでいい、これがいい

地元に愛される、「これぞ焼き鳥屋」といった佇まいが最高だ!これぞハイパーローカル!

名古屋のハイパーローカルな焼き鳥聖地を周る旅は始まったばかり。ローカルに愛され、ローカルを支え、ローカルに根ざしたお店を訪れていきたい!


STORE LOCATION


Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA