知ってますか南区の竪穴式住居を?

名古屋市南区にある見晴台考古資料館。この資料館に「竪穴式住居」があるのを知っていますか?名古屋人でも南区民以外にはほとんど知られていない「竪穴式住居」を地元出身のハイパーローカルな目線からrethinkしていきたい!

*この記事の内容はあくまで個人の感想と思い出です。

小さい頃、「竪穴式住居に入りたい!」と誰もが一度は思う。

そりゃ、入りたいでしょ!開放してください!

だから、大抵みんな1回は柵越えをしている。

100パー同意。柵越えしますw。

昔は、子供もいたはず

しかも家の中にいたような気もするw。

この中に竪穴式住居はほぼ大喜利。

ここに竪穴式住居があるなんて誰も思いませんw。看板くらい出そうよw。

これも同じ時代の遺跡だと思って遊んでいた。

昔は柵もなかったのでよく登って遊びました。

そしたらまさかの太平洋戦争時代。

何の文脈もなく現れるw。

係の人をほぼ見たことがない

本当にシーンとしていますw。

意外に名所が周りにたくさんあるんです。

笠寺観音がすぐ近くにある。

でも、南区民以外は見晴台考古資料館を知らない!

地味すぎるw!

もっとアピールしていこう!多くの名古屋人がまだ知らない、この竪穴式住居を!

ユニークな存在なのに!がんばれ南区の超ディープスポット!

LOCATION


Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA